フットサルのユニフォームの手入れ

フットサルとは五人制のミニサッカーのことをさしフィールドはサッカーのフィールドの9分の1の程度の大きさで行うので近年では手軽に始めるスポーツのひとつとして挑戦する人も増えています。サッカーを行うにはかなりの運動量が必要となりますが、走り回る面積も少なく試合時間も短いことから女性にも始めやすいスポーツとしても注目されています。使用するユニフォームは多くの場合に昇華プリントと呼ばれる方法で生地にデザインや文字を施していますが、ユニフォームを長くきれいに使っていくためにも適切なお手入れ方法を知っておく必要があるでしょう。適切な洗濯方法やその他の手入れ方法、保管方法などのポイントを頭にいれておき末永く使っていけるように日々のお手入れに気をつけていきましょう。

洗濯する際に注意したいポイントとは

フットサルのユニフォームを洗濯する際には洗濯機を使用するとたとえネットに入れて洗濯したとしてもプリントのはがれなどにつながる可能性が高いので、できる限り手洗いで洗濯するようにしましょう。洗面器や桶などを使っての浸け置き洗いが望ましいですが頑固な汚れがある場合にはもみ洗いをし、どうしても気になるようであれば洗濯機を使用するようにしましょう。洗濯機を使用する際には他の生地との摩擦や接触を避けるために単独で洗う方が望ましいです。デザインや文字の昇華プリントはまれに色落ちすることがあるので洗濯機を使用する際に他のものと一緒に洗濯する場合には、初回から数回の洗濯の際には他のものに色移りすることを避けるためにも単独で洗濯することをおすすめします。洗濯機に手洗いモードがあればその機能を利用するようにしましょう。

マーキングがはがれてしまった場合の対処法や保管方法とは

フットサルのユニフォームは基本的にアイロンをかける必要はありませんが、しわが気になる場合にはデザインが施された部分を避けてアイロンをかけるようにしましょう。デザイン部分にアイロンの熱い熱が触れると溶けたりはがれることが考えられます。マーキングの場合には使用年数が経過しかなりの洗濯回数となったり、激しいプレーで衝撃を与えた時などにはプリントがはがれることもあるでしょう。この場合には自宅のアイロンで修復することもできるので、はがれた部分の上に白い紙や薄い布を用意して上から最も低温でアイロンをかけ、2から3秒押しつけることを繰り返し再びくっつけば作業は終了します。適切な保管方法としては通常の衣類と同じようにタンスやクローゼットにいれて保管をします。もしもたたんで保管する場合にはマーキングの部分に折り目がつかないように気をつけましょう。